【ツーリング】富士山に行ってきました!1

富士山に行ってきました!

 

 

日本の最高峰!富士!!!

もちろんバイクでっ☆
わーい(^○^)わーい★

 


今回のツーリングの相手は、

教習所仲間の「ちーばくん」!!

 

 

 

二輪の教習中に仲良くなって、
(基本男の子しかいないww)

なんと、たまたま
卒検の日が同じで
(多分お互い「アイツに内緒で先に取ってやろう」と思ってたんだと思う笑)

 

 


ふたりとも合格して、
そのまま
「免許発行」も
一緒に行ってしまったという

なんとも腐れ縁なお友達です。

 


そんなちーばくんの愛車は
KAWASAKIのゼファー。

 

・・・・・・・

出た!!

カワサキ!笑


「ゼファー買ったよ」って
ちーばくんに聞いた時、
こう思いました。

 

 

 

「バイク乗りはKAWASAKIかYAMAHAだ」

 

 

という言葉を
よく聞くのですが...

 

 

 

それ、、アメリカンの場合じゃないの。?

 

 

 

 

あたしはもっぱら
「バイク」といえば
HONDA、もしくはSUZUKIしかないです。

 

 

だってHONDA・カブシリーズが好きだから。
カブが好きすぎて
「カブ大百科」とか
「スーパーカブ大全集」とか
家の本棚にマイコレクションしてます。

 

 

 

 

 

SUZUKIに乗ってんですけどね。

 

 

 

 

SUZUKIが「好きなバイク社」に入ってて
KAWASAKIとYAMAHAが入ってないのには

 

 

 

深ーーーいワケがあるのですが、
今のところは控えておきます。

 

 

 

 

 

 

 

さてさて、本題に戻ります!

今回の富士山は一泊二日で
いってまいりました(^◇^)

 

 

 

====行き道====

 

ほんとは奥多摩⇒富士山の
予定やったんやけど、

 

お昼に集合して、
色々話してると、

 

 

「明日天気悪いから富士山先にいこっか」

 

 

って話になり (適当)、

 

 

 

環状八号線を通って、
調布ICから
富士山のふもと「河口湖IC」へ。


13時半に西荻を出発して、

富士山到着が16時半くらい。

 

高速は2時間くらい乗ってた。

 

 

途中、事故車で
ものっすごい渋滞してたよ。

 


高速道路走ってるあいだ、
相模原を超えたあたりから

 

 

 

ずーっとね、

 

富士山

 


「はよ来いやぁ~」

 


「はっはっはっ」

 


って感じで
わたしたちを見守って?
くれていたので、


そこらへんからもう、
「富士山モード突入」。

 

 

心はウッキウキです。

 

 

 

 

いよいよ富士山の最寄りIC
「河口湖」へ到着!!

料金は1550円。


早々に料金を支払って、
「さぁ、いっくぞー!」

ってなってた矢先。

 

 


高速降りてすぐ横で、
"えぇやないか"?
"えぇじゃないか"?

に乗った乗客たちが
 

「キャーーーーーーーッッッ!!!!!!!!!!!!」

 

って

富士山を横手に急降下した。

 

 

 


「あ、そういえば」
 

「富士急ハイランドとかゆうのもあったな」
 

 

と。

 

しかし絶叫系受け付けない←偏見
&「富士山欲求」が
最大限にまで達してた私は、


横で急降下して喜んでる人たちを見て、

 

「富士山いこうや・・・Mt.FUJI !!!」

「そんなところで
落ちとらんとのぼろーぜyou guys!」

 

 

 

と、
心の中で語りかけていたのでした。

(もはやトリップ状態)

 

 

 

 


そしてちーばくんも
この頃には、


「ふーじさん!

 

 ふーじさん!!!!!」

 

 

みたいな
状態なのが

後ろから見てもゼファーの
前傾姿勢越しにも、ムラムラ伝わってきてw、

 

 

 

ゼファー(強力)グラストラッカー(非力)
2台で

「富士スカイライン」を
(往復1600円也)

トップでぐーーーーんっと登っていくのでした。

 

 

(スイカイラインを登ってるのは
25分くらいかな~~~。
それ位かかりました。)

 

 

 

 

⇒1合目「林道」
標高1,405m

 

紅葉してる道路を
ぎゅーんっと走っていくと
"一合目駐車場"の文字。

けっこー余裕で元気いっぱい
ワクワクで登る。


 

 

⇒2合目「存在感薄」
標高1,596m

 

富士山の道のカーブの急さに
ビックリして、
必死に対向車にぶつからないように

身体倒して走ってたら
あっという間に過ぎた。

 

 

 

3合目「最高の景色有」
⇒1,786m

 

ずーっと、森の中を走ってるんですが
ここにきて!

ぶわぁっっ と、
景色が左側に広がるポイントがあります。

この時は、すでに雲の上
くらいには来ていて、


薄ムラサキ色とオレンジの、
水墨画(長谷川等伯ちっくな)みたいな絵が広がり、

おもわず口が

 

 

「スッッッッゲーーーーー!!!!!!」

 

って叫んでました。

 

 

(ちなみに前を走っていたちーばくんは
ガス欠してビックリして叫んだ」と思ったらしい笑ww)

 

 

 

 


あのポイント。最高です。

路肩が無くて
停止出来なかったのがザンネン!!!

 

 

 

4合目「さらば右手の感覚」
⇒2,045m

なんかね、
3合目過ぎたあたりから

 

 

「あれ?」


って思うんですよね。

 

 


「さ む く ね?」


みたいな。


まず、身体よりも「手」が
先っちょが死んでくるんですよね。。
手袋してても...


だんだんと、面白い位に
手が動かない動かない。

身体、寒い・・・

凍える・・・。。。

(多分ここで気温がマイナス1ケタ位)

 

 

 

 


「最高峰の山ナメてかかってすみませんでした」

「日本の一番ナメてましたぁぁさぁーせんっっ」

と、
Mt.FUJIに土下座したい気分でした。

 

 

=================




 

そして、
トンネル(らしき物)を
いくつか越えたら、

イェーーーーイ!!!!


5合目到着!!!!
標高⇒2,305m!!!


(車で行けるのは、ここでエンドです。)

 

ただ、
着く
停車
メット脱ぐ
館内に入る


まで、

 

 

「さむいっ!さむいっ!さむいっ!」

 

 


しか、
会話ができませんでした。ww

 

手が動かないから
メットも取れないし、
歯がガチガチしてうまくしゃべれない。


あんな寒い中で素手になるなんて..

 


考えただけで
おしっこもらしそう。

 

 


そんな私は、
メット取る時にあたふたして
最終的に

 

「ちーばくんヘルプ!!!!」(最低w)

 

 


はい。
彼は手伝ってくれました、

 

素手で。SUDE。
(゜レ゜) ツ ワ モ ノ。

 

 

 

館内であったか~いストーブにあたって、
少し落ち着いたら
やっと富士山を見る余裕が出てきて笑、

居ましたよ。
背後にものすごい存在感でMt.FUJI。

 

 

富士山ね、
ただただ

「すごい」

としか言えなかった。
日本にこんなに素敵な山があったなんて。


その時はもうすでに17:00くらいで、
陽が落ちてしまって
富士山は暗がりでしか
見る事ができなかったんだけど、

素晴らしかった。

 


とにかく、とにかく

でかかった、です。

日本の名物やと、ちゃんと思いました。

 

 

 

富士山のゲートは18:00

閉まってしまうので、

とりあえず一服して下山~♪(^◇^)

 

 

 

下山は、

暗かったから怖かったけど、

後ろからずーっと

軽自動車かな?が照らしてくれていて、

安心して降りれました。

 

 

(これは2日目の話なのですが、

なんとその、後ろについてた

お兄さんが、売店の人だったみたいで

 

次の日リベンジした時に、

「あ!昨日、前走ってましたよね!」

「練馬ナンバーの!!」

って、話しかけてくれました。)

 

(「大丈夫かなぁ~って思ってたんですよ!」

って。

他にも、

お土産売り場のおじちゃんが

「長寿の鈴」をくれたり、

富士山のひと、やさしかった。)

 

 

 

 

下山してからは、

富士に泊まる予定がなかったので、
ひたすら宿探し。


どうやらこの週は
サイクリングの大会と、
「秋祭り」にドン被りしたようで。

近くのホテルは取れません。
旅館は、団体客でいっっっ ぱい。

 

 

「気合い入ってんなー、、河口湖。」

 

 


家なき子、ふたり。

真っ暗闇でひたすら
ケータイをいじる。

寒い。手が死ぬ。

あたりはまっくら。。

 

 

つづく


 

What's New

2014.11.10

プロフィール情報を更新しました。


 

"J.B.S.Tokyo"の制作過程はこちら

 

E-mail me

ご意見・ご質問等どうぞ↓

メモ: * は入力必須項目です